ウーマシャンプーの成分解析と頭皮に悪い成分とは?

ウーマシャンプープレミアムは頭皮の状態をよりよくするために作られたシャンプーです。そのための最重要ポイントとして挙げられるのが成分です!

頭皮に良い影響、悪い影響をもたらすのはシャンプーに含まれる成分ですので、この点をおろそかにすることはできません。
ここで確認しておきたいことは

  • 頭皮や髪の毛に悪影響を与える成分は入っていないのか?
  • 頭皮環境の改善に有効な成分とは?
  • 使い続けるにあたっての懸念材料はないか?

 

これらのことに注目して紹介していきますので、ウーマシャンプープレミアムが気になっている方やシャンプーを探している方はどうぞご覧になっていってください。

 

頭皮に良くない成分とは?

 

まず、ウーマシャンプープレミアムの成分をお伝えする前の前提として、シャンプーの成分に入っていると危険と言われている成分を紹介していきます。
シャンプーの種類は主に3つに分けることができます。

 

  • 高級アルコール系シャンプー
  • 石鹸系シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー

 

高級アルコール系シャンプー

 

まず、高級アルコール系と言われる石油由来のシャンプーですが、メリットとして挙げられるのは

 

  • 安い
  • 泡立ちが良い
  • 洗浄力がしっかりしているためにしっかりとした洗い心地

 

デメリットで挙げられるのは

  • 洗浄力が強力なため、必要な皮脂まで洗い流してしまう
  • すすぎが不十分であると、成分が頭皮に残ると刺激が強いため、頭皮に良くない

といったことです。

 

石鹸系シャンプー

 

続いて、石鹸系のシャンプーについてですが、これは石鹸由来のシャンプーです。
メリットとしては挙げられるのは

  • 添加物が多くないため成分としては頭皮への悪影響はあまりない
  • 安価であること

 

デメリットとしては

  • 洗浄力が強いため、必要以上に皮脂を洗い流してしまう可能性がある
  • 洗い上がりの髪がゴワゴワになる

といったことが挙げられます。
石鹸系のシャンプーはアルカリ性であるため、クエン酸などを含んだ、それ専用のリンスを使用し、酸性方向へと中和してあげる必要があります。

 

アミノ酸系シャンプー

 

そして最後にアミノ酸系シャンプーです。
メリットとしては

  • 刺激が少ない
  • 洗浄力はそこそこにある

この、「そこそこ」がポイントですね!必要以上に強い洗浄力はありませんし、石鹸系のシャンプーよりは髪の毛への指通りが悪くないです。
デメリットとしては少々値段が張るというところです。

アミノ酸系のシャンプーは肌が強くない方や頭皮に不安のある方におすすめです。

 

頭皮に良くない成分とは

さて、先ほどお話をした高級アルコール系シャンプーと言われる成分についてですが、代表的なところではこれらの成分があります。

 

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム

 

これらが市販のシャンプーなどでも良く使われている成分です。
上では危険という言い方をしましたが、これらの成分が含まれたものでシャンプーをしたからといって、人体に危害が及ぶわけではありません。

 

ウーマシャンプープレミアムの購入を検討されている方は、頭皮、毛髪に不安を抱えている方が多いと思いますので、そういった方が使用するシャンプーとしては、頭皮に刺激が強すぎるため、使用は控えたほうが良いという意味です。

 

ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸アンモニウムはいずれもアルコール系の成分と言われ、高い洗浄力を誇ります。しかしその分、頭皮への刺激が強くなってしまうわけです。

 

ウーマシャンプープレミアムに含まれる成分とは?

 

 

さてここで、ウーマシャンプーの成分を見てみたいと思います。

有効成分:グリチルリチン酸2K

 

その他の成分
馬油
海藻エキス(1)
ラン抽出液
アスパラサスリネアリスエキス
dl-α-トコフェリルリン酸ナトリウム
加水分解ケラチン液
クララエキス(1)
センキュウエキス
トウキエキス(1)
センブリエキス
アロエエキス(2)
アルニカエキス
オドリコソウエキス
オランダカラシエキス
ゴボウエキス
セイヨウキズタエキス
ニンニクエキス
マツエキス
ローズマリーエキス
ローマカミツレエキス
オトギリソウエキス
サボンソウエキス
セージエキス
トウキンセンカエキス
ホップエキス
レモンエキス
ニンジンエキス
ダイズエキス
黒砂糖エキス
ヒノキチオール
ツバキ油
L-バリン
L-ロイシン
L-イソロイシン
N-ヤシ油脂肪酸アシル-DL-アラニントリエタノールアミン液
N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液
ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム
ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド
ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液
1,3-ブチレングリコール
クエン酸
1,2-ペンタンジオール
塩化O-〔2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル〕ヒドロキシエチルセルロース
3-メチル-1,3-ブタンジオール
テトラデセンスルホン酸ナトリウム液
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
ラウリン酸ジエタノールアミド
フェノキシエタノール
l-メントール
精製水

 

成分が多すぎて何がなんやらわかりませんので、重要な成分をピックアップしてご紹介したいと思います。
まずは危険な成分はないのか。

 

一番気になるのは、「テトラデセンスルホン酸ナトリウム液」ですね。

 

この成分は別名「オレフィンスルホン酸」という成分です。

 

シャンプーの成分として悪者として扱われることも多いですが、どうなのでしょうか?

 

事実として「オレフィンスルホン酸」は洗浄力は強いですね。

 

…あれ?…皮脂洗い流しすぎちゃうんじゃないの…?

 

となってしまいますね。確かにそうです。

 

しかし「オレフィンスルホン酸」は数十年も前から使われていて、配合量さえ極端に間違わなければ問題ないと言えるでしょう。
そのためにウーマシャンプーには頭皮のことを考えて、アミノ酸成分が配合されています。

 

洗浄成分として問題ない量に抑えつつ、アミノ酸成分を使ったシャンプーです。

 

それではここで、アミノ酸系と言われる洗浄成分について紹介しましょう。

 

N-ヤシ油脂肪酸アシル-DL-アラニントリエタノールアミン液(医薬部外品名)

=ココイルアラニンTEA(化粧品登録名)

 

刺激も強くなく、しっかりと髪を洗ってくれ、洗い上がりもしっとりさせてくれる成分です。この成分はアミノ酸系の中でも原価がかかる成分です。

N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液(医薬部外品名)

=ココイルグルタミン酸TEA(化粧品登録名)

 

泡立ちはそこまでですが、低刺激な洗浄成分で敏感肌の方にも大丈夫な成分です。

ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム(医薬部外品名)

=ココイルメチルタウリンNa(化粧品登録名)

 

泡立ちもそれなりで、刺激を少なく洗い上げてくれる成分です。

ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液(医薬部外品名)

=ラウロイルメチルアラニンNa(化粧品登録名)

 

こちらも原価が高い成分です。
子供用のシャンプーにも使用され低刺激、洗浄力も適度です。

 

これだけのアミノ酸系の成分が配合されており、アミノ酸成分が主体となっています。
必要最低限の洗浄能力は保ちつつ安心な成分内容となっていますので、必要以上に心配することはありませんので安心してください。

 

また、アミノ酸系からは少し外れますが、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液も有効な成分と言えるでしょう。

 

ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液(医薬部外品名)

=コカミドプロピルベタイン(化粧品登録名)

 

天然由来の成分からできており、幼児用のシャンプーにも使われているため安全性は高いです。高い洗浄力を持っているが、刺激は弱く、リンス効果もあるため、シャンプー後はパサつかず、保湿も期待できる成分です。

 

ただし、どんなシャンプーであっても完璧はありませんので、万が一シャンプーを使用していて肌に合わないなどの異常を感じましたら、すぐに使用を止め、対処してください。

 

 

有効成分について

 

馬油


馬油成分が頭皮の酸化を抑え、頭皮を保護してくれます。
古くから肌への塗り薬として使用され、皮膚への傷や問題に良いとされ、頭皮にも同様に良いとされています。
馬油は小さいお子さんでも大丈夫な成分ですので、適度な皮脂を残して、潤いをもたらしてくれるため女性の方にも適しています。

 

 

ガゴメ昆布=海藻エキス


美容液にも使われ、身体に良い食べ物として健康のために積極的に摂取することがおすすめされている食品です。
ガゴメ昆布から抽出したエキス成分のフコダインが、頭皮や髪の毛の髪やふけなどのトラブルを防いでくれます。

 

 

加水分解ケラチン


髪の毛は9割がケラチンというタンパク質からできています。加水分解ケラチンは髪の毛の構成と近いために髪との相性が良いと言われています。この成分が髪の傷みをケアし、回復へと導きます。

 

アミノ酸BCAA=L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン


肉体を作るのに必要不可欠な成分で、人間の体内では作り出すことの出来ない栄養のため、外から取り入れる必要があります。
アミノ酸BCAAが頭皮や髪にハリ・コシをもたらして元気にします。

 

グリチルリチン酸2K


グリチルリチン酸ジカリウムは炎症やアレルギーに効くとされています。
これにより頭皮の炎症を改善し、頭皮環境改善に一役買ってくれます。

 

もちろんこの他にも天然由来の成分をふんだんに使っているため、頭皮や髪に嬉しい成分が数多く含まれています。

ウーマシャンプープレミアムの公式サイトはコチラ

 

シリコンシャンプーについて

 

シリコンが頭皮の毛穴に入り込んでしまうため、避けた方が良いといわれますが、シャンプーをして洗い流してしまえば、シリコンは残らないとされていますので毛穴に詰まったりすることはなく、影響はないと考えていいでしょう。

 

ただ、もしあなたが育毛剤の使用を考えているなら、シリコン配合であると頭皮をコーティングする成分があるために育毛剤の成分が浸透しにくくなると言われています。

 

また、コーティングの影響で摩擦が減り髪の毛が保護されます、その反面、髪の毛のボリュームが抑えられます。もし髪の毛にボリュームを出したいのでしたら、ノンシリコンシャンプーをお勧めいたします。

 

その代わり、ノンシリコンシャンプーは髪の毛はごわつく傾向にあります。
シリコンの成分としては

  • ジメチコン
  • シクロメチコン
  • シロキ

があります。

無添加シャンプーについて

 

無添加シャンプーといっても法律での定めがあるわけでもなく、各販売会社の判断基準に委ねられているのが現状です。なので、無添加と言った言葉に惑わされず、しっかりと成分表示を確認することが重要となってきます。

 

オーガニックシャンプーについて

 

オーガニックシャンプーに関しても同じことがいえるかと思います。
オーガニックシャンプーは科学的物質を使わない、植物由来の成分ですが、オーガニックシャンプーに関してもオーガニックシャンプーと認められる判断基準はなく、少しでもオーガニック由来の成分が含まれていれ、オーガニックシャンプーと名乗れてしまうため、無添加シャンプー同様、きちんと成分を確認してから購入するようにしましょう。

 

ウーマシャンプープレミアムの安全性について

 

洗浄力が強いシャンプーは、それだけ頭皮の皮脂汚れを落としてくれますから、頭がスッキリとし洗髪後の洗い上がりがさっぱりとするわけです。しかし、逆に言えば、洗い過ぎとも言えるわけです。
ウーマシャンプープレミアムは頭皮の環境を整えることを第一の目的にしているため、髪の毛を指通り滑らかにする成分は含まれていません。
頭皮を整えるために良いとされるα-リノレン酸が含まれています。
α-リノレン酸は不飽和脂肪酸の一つで、人体では生成できない栄養ですが、この成分が皮脂分泌を必要以上に行わないようにしてくれるのです。

 

 

そして、ウーマシャンプープレミアムは馬油配合の育毛シャンプーです。
馬油自体食べることも可能です。様々な病気、適正な血圧、アレルギー持ちの方にも良いとされています。
料理で使用すると焦げを防ぎやすく、長持ちする効果があると言われています。

 

馬油は頭皮の皮脂と特徴が近いため、頭皮や皮膚への浸透が素早く、負担が少ない点が挙げられます。また、不飽和脂肪酸(魚やオリーブオイルに含まれる、血液をサラサラにする脂質の栄養素です。)の一種のα-リノレン酸が多く含まれているために、頭皮への吸収率が高いと言った特徴も持っており同時に殺菌効果もあると言われています。

 

殺菌効果がある理由としては吸収力が高いため、毛穴への吸収で表面をコーティングすることにより、空気の膜を無くし、菌の居場所を奪ってしまうのです。その結果、殺菌効果とともに、保湿効果にも繋がってくるというわけです。
この保湿効果から顔などにも用いるスキンケア商品としても馬油は活躍しています。

 

ウーマシャンプーは最上級の馬油を配合しています。この馬油で汚れを浮かせ、アミノ酸成分で程よく洗浄されたところで馬油のリノレン酸αの成分が頭皮に浸透し、必要以上の皮脂の分泌を防ぎます。
これで頭を洗えば、日常のお手入れに関しては、十分なわけです。

 


成分のところでも説明をした通り、アミノ酸系の成分を主体とした程よい洗浄成分が配合されたシャンプーです。また、化学製品などを一切使用していないのはもちろん

 

  • 弱酸性
  • 無鉱物油
  • 無香料
  • 無着色

 

という点が挙げられます。
ウーマシャンプープレミアムを使って、顔や身体を洗うことも問題ありません。
また、赤ちゃんなど小さい子供が使用することも、問題ないとされていますので、よほどの敏感肌ではない限り、安全性に関しては問題ないと言えるでしょう。

 

 

製造工場や品質の基準は大丈夫か?

 

ウーマシャンプーは本社のある福岡県で造られています。工場の厳格な管理体制のもとISOという国際規格の品質管理基準をクリアしています。
また、ホームページでは製造過程に透明性もあり、心配の必要はないでしょう。

 

ウーマシャンプープレミアムの公式サイトはコチラ