ウーマシャンプープレミアムは雑誌モノクロで好評価!

ウーマシャンプーは2007年に発売されてから、10年以上に渡って今もなお売れ続けているシャンプーです。

 

 

2016年4月には厚生労働省から認可を受け【薬用】U-MA SHAMPOO PREMIUM(ウーマシャンプー プレミアム)として、リニューアルし進化しました。

 

株式会社ZERO PLUSから発売されていますが、ウーマシャンプーを発売するまでには、生みの親であり、同社代表取締役社長である弥富圭一郎さんの思いが込められてるシャンプーでもあります。

 

ウーマシャンプーは様々な雑誌で紹介されている

さて、ここからウーマシャンプーのメディアでの評判についてお話しをしたいと思います。過去にいくつもの全国のメディア雑誌でも取り上げられていますので、順番に雑誌を紹介していきましょう!

 

『MONOQLO-モノクロ-』に取り上げられました。

 

 

2015年、2016年の2度に渡って掲載されています。
MONOQLOは色々な商品を辛口に批評することで知られています。
その中において
2015年9月号ではmen’sシャンプーランキングで全35商品中5位という結果を残しています。

 

 

 

そして2016年11月号では30製品中1位に輝き、BEST BUYシャンプーに輝いています。

 

 

 

男性向けファッション雑誌の『BITTER』でも2014年7月号でオススメのシャンプーとして特集が組まれていました。

 

 

 

他にはファッションや車ライフスタイルなどについて情報掲載している雑誌『OCEANS』で2013年11月号で東急ハンズ新宿店おすすめシャンプーとして紹介!

 

 

 

その他にも『Gainer』(2013年10月号)、『日経トレンディ』(2010年5月号)、『日経ヘルス・フォーメン』(2010年5月号)『健康』(2012年9月号)、『Messa-jyu』(2008年5月号)、『GaRiYa』(2008年6月号)、「MONEY JAPAN』(2009年4月号)等で紹介されています。

 

 

これらの雑誌での紹介を見れば、しっかりとした商品であることがお分かりいただけるかと思います。

 

雑誌に掲載するにあたって、詐欺まがいの商品であれば、その雑誌自体の評判も落としかねません。

 

その点を考えれば、最低限の商品性は担保できていることは想像に難くないと思います。もちろん私は最低限ではなく、きちんと頭皮環境を整えるのに適したシャンプーであると認識しています。

 

髪に悩んでいた社長から生まれたシャンプー

 

冒頭にもお名前を出しましたが、ウーマシャンプー考案者の弥富圭一郎社長が想いを込めて作り上げたシャンプーです。

 

30歳で別業界で働いていた時、お客に髪のことを指摘されたことがきっかけで髪の毛のケアを開始し、頭皮・髪に対しての知識を深めていったようです。
自身の髪の毛に対する悩みから、試行錯誤を繰り返しながら生まれた商品がウーマプレミアムシャンプーです。
ウーマシャンプーが必要な人に向けた、髪に悩みを抱えた人のために、過去に髪の毛に対する同じ悩みを持った作り手によって製造されたシャンプーなのです。